羽合町

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
30
 
第二回まで来たアニメタブ。このままだらだら行ってもすぐおわりそうなので
少し趣向を変えて行きたいと思う。


第2.5回 アニメタブ 
~アニメタブに人物登場!!~


人物紹介

アニメ爺
アニメ業界の隅で生きる爺

アニメ子
アニメ爺の甥っ子 アニメ業界に憧れじじいにアドバイスを受ける
元気っ子。(かわいい)

この二人の織り成すトークでアニメの話します。




アニメ爺:(´H`) アニメ爺、略してA爺じゃ!これから色々話すんで宜しくじゃ!!

アニメ子:(゚ ワ゚) あたいアニメ子!略してA子!憧れのアニメ業界に行きたいけど
           よく分からないのでA爺に相談してがんばるわ!

アニメ爺:(´H`) A子!前回までのアニメタブを読んでおくんじゃぞ!

アニメ子:(゚ ワ゚) もう読んでるから大丈夫よA爺。他にアドバイスはある?

アニメ爺:(´H`) 辞めるんなら今のうちじゃ!!

アニメ子:(゚ ワ゚) もう!A爺ったら冗談ばっかり!

後にアニメ子はこの言葉が冗談でなかったことを知る・・・

次回はA子就職するの巻き



アニメの質問あれば、コメントか拍手のコメントで。答えられる範囲で答えます。




スポンサーサイト
    18:03 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
22
 
始めに
書いていることはあくまで五十六の主観であり、一個人の
話として見て参考にしてもらえたらと思います。




第二回 アニメタブ ~アニメの専門学校はありやなしや?後編~


前回ざっくりとメリット・デメリットを考えたけど
じゃあこれから行こうかな?と考えている人に話を
向けて見よう。


おそらく行こうとする理由

とりあえず業界の入り方やどういうことしてるかよくわからないので。
アニメに興味を持ったから。
とかがさしあたってのもっとも大きな理由かもしれない。

前回少し触れたがここで知っておいて欲しいのは
業界は学歴をまったくと言って良いほど必要としないことだ
(おそらく制作進行以外)

中卒で親の許しを得てくる人もいれば、大学出てから来る人もいる。
アニメーターになるならまずここ!なんて専門はうたうが、やろうと思えば
明日にでもなれるかもしれない職業です。
ネットで調べれば就職案内やどんな仕事かは調べられる!
むしろ動画採用で最大のネックは年齢!
だということをおぼえておいて欲しい。
新卒どうのは関係ないが、一定の年齢を過ぎるとやはり採用する側は控えるだろう。
二十代後半以降であるならよほどのうまさや何かがないときついかも。
ただそれでアニメーターになれない分けではないんであしからず。

じゃあ専門は行かなくていい?

個人的には専門行くならそのお金貯めておいた方がいいと思う。
現場の話が聞きたいならアニメーターの有料講義だってやってる。
学費を思えば上京してその話を聞いて観光して帰ってもおつりがくる。
前にお知らせした「サトTV」内でその話が少し触れられていて、
専門の最大のメリットである人の関係はネットが普及した今、それで
何とかなるのでは?
といったことだ。

そう、確かにネットがここまで一般に普及した今ならむしろ同じように目指す
人を見つけるのはたやすいし、人数そろえてオフ会でも開けば顔もあわせられる。
70万近いお金を学費で出すならそれでカメラやアニメーションを動かすソフトを
買って自分なりに遊び感覚で色々動かしてるほうがいい気がする。


結局行く方がいいのか、行かない方がいいのかどっち?

ここまでくるとじゃあ行かない方がいいじゃないかと思うだろう。
最大メリットも今やどうにかなるのであれば専門の意味は個人のどうしたいかに
よるのが答えだろう。

一人で勉強してどうにかなるものだとしても、そこは人間。
自分の意思のみでどこまで持つか・・・。
そういったことである程度お金を払ってみんなで勉強している場所へ行き
意志を明確に持ち貪欲に知識や技術を習得すればいいと思う。
専門は以外に全員が頑張る分けでもない。やはりなんとなくや興味を持ったから
という理由で来てる人もいる。そういった中でどれだけがんばれるかだろうなぁと。

というわけで大雑把にまとめると一人で行動を起こせるならそれがいいと思うし
ちょっとそれは・・・とおもうなら専門に行くのもありだと思う。



ではすでに在校してしまっている人や個人で勉強しようとしている人に話を向けよう


在学中に行きたい会社に書類を送って受かってしまった!どうする?となったら

もうそのまま就職してしまえばいい。でも残りの一年が・・・と思うかもだが
そこから現場に入って一年の密度と専門の密度はまったく違うので行けるなら行った
方がいいと個人的には思う。何度か書いたが、学歴関係ないので途中で中退したことは
なんら問題ない。

在学中に何をしておけば?
絵を沢山描こう。模写を沢山しよう。トレスの技術とスピードを身に付けておこう。
就職してから動画が嫌なので辞める人もいるので専門でそこに向けてどういう物か
あらかじめ理解しておこう。などなどがある。

専門時代講師に言われた「絵なんてアニメーターやってればうまくなるよ」の発言
これは嘘だwいや正確にはほんの少し前進する。

アニメーターやってるだけでうまくなるなら業界はもう全員がうまさ満開のはずだw
確かに知識や要領は得る。ただ根本は変わらないということ。

業界に入ってきた新人A・Bがいてお互いのうまさを数で表し「Aが5、Bが1」だったとしよう
こうなるとBが5にたどり着くまでには相当な努力が必要になる。仮に5まで行ったとしても
その時はAは10かもしれない。

そう!うまい人は初めから大体うまいのである!もちろん上達してうまくなる人もいる!
ちなみに動画はいくら描いてもそこまで絵の上達には直結しない。
しかし稼ぐには仕事をするしかない→絵の勉強が出来ない→でも仕事しないと→成長の停滞
とまあ簡単だがいい感じの悪循環だww
つまり、業界に入れば俺や私のうまさはうなぎのぼり!なんて夢は捨てよう
これから入ろうと勉強している人はいまその瞬間こそがうまくなるチャンスを一番持っている
可能性がある。

まぁあくまでそう思ってるだけであとは本人の努力しだいなのは言わずもがな。


さて少し長くなったのでこの辺で。
次は重要な業界への就職と動画って?編   第三回に続く!!




なぜなにアニメ
気になるあのことざっくりお答え

質問

中途採用OKな所でも一応電話してからファイルを送ったほうが良いんでしょうか?


ざっくりお答え

採用募集でファイルや書類送付を受け付けをしてるならいいですが、
そうで無い所にいきなり送られても何だ?という話になりますから
ネットHP等に送付要項がなければ一度電話した方がいいと思います。



質問あれば、コメントか拍手のコメントで。答えられる範囲で答えます。



    22:08 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
14
 

毎週土曜USTREAM放送のサトTVで就職希望者及び新人アニメタ向けの何かをするかもとか。 
興味があればぜひ
サトステ
    00:16 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
09
 
始めに
書いていることはあくまで五十六の主観であり、一個人の
話として見て参考にしてもらえたらと思います。


告知しておりましたアニメ話始めたいと思います。
とりあえず何回かに分けるのでタイトル作りました。
「アニメタブ」でいこうかと思います。



第一回 アニメタブ ~アニメの専門学校はありやなしや?前編~

まずアニメ業界に入る方法を学生等の人が考えたらまず選択肢として
一番に来る項目と思います。現に自分がそうでしたから。

では、専門学校に行くメリットは?
1.就職の際、査定において多少優位
2.学校で同じ業界を目指す友人が出来る
3.私は学校に行っていますといい感じに親を騙せる
4.業界のことや技術をちょこっと先に学べる等々
5.就職案内を見れたりする

反対のデメリットってあるのだろうか?
1.業界自体専門卒をあまりそこまで重視してはいない
2.学校や講師によって教えることは割とばらける
3.学校として認可されてないと学歴にはならないかも
4.学べることは独学で学べる程度のこと等々

ぱっと上げるならこんな感じだろうか?
では一つ一つ見ていこう

メリット1.就職の際、査定において多少優位
書類選考の際、絵を比べて拮抗していた場合、専門を選びやすいという
意味での優位。ではデメリット1でのそこまで重視してはいないと反するのは
単純に考えれば絵がうまい方を採ると思うので、うまければよしと言うことだ。

→ではここで出てくるうまいって何?が発生する。

うまさは人それぞれかもしれないが、端から見てきた経験上ではアニメ好きな絵だ。
デッサン、絵画系を送られても実作業としてするのはそれとは離れているわけだし
模写ばっかりとか動画用紙に線画と色トレスしたものだけでも困るかなと。
後イラストレーターっぽくがっつり仕上げた絵ばかりとか。
これらもあった上でもいいが、らくがきをちょっと丁寧に描いたものとかの方が
見る側も実力を測りやすいし向いてるかな、と思うかも。
つまり絵の方向性を加味した上での上手。

メリット2.学校で同じ業界を目指す友人が出来る
おそらくこれがアニメの専門学校において最大のメリットかもしれない。
アニメ業界は割りと人との横のつながりで仕事や情報を得るのがもっぱらなので、
専門時代の友人や先輩は就職しても色々と助け合うことの出来るつながりなのだ。
もちろん業界に入ってからでも出来るつながりはある。だが入りたての時はもっとも
強いつながりだろうと思う。
五十六は専門時代の友人とルームシェアで何とか動画の極貧を乗り切りました。
(ルームシェアは場合によっては高リスクをともなうので慎重にね)

メリット3.私は学校に行っていますといい感じに親を騙せる
コレは半分ネタ程度かもしれないが、高卒ですぐによくわからん業界に就職するよかまずは
ワンクッションおいて行く方がなんか安心してくれんじゃないの?的なやつです。
あくまで主観だけどw

メリット4.業界のことや技術をちょこっと先に学べる等々
これは結局就職した時、専門に行っていない人も来るわけで、そうした場合現場でも教えるから
早いか遅いかだと思います。研修があった場合知らない人よりかほんの少し知ってる程度。
デメリット4にかかってくることですが、正直その辺のアニメ教材自分で買えば対して変わらん
かなと。講師が見てくれるのもそこまでプラスになるとは思えない。


メリット5.就職案内を見れたりする
就職率120%と誇る学校があるように、専門には会社からの就職案内が来たり
学校側が調べて用意してくれたりする。
審査関係のノウハウもあったりするかも。


メリットと書いたけど本当のメリットは2か5だけな気が・・・w


ではデメリットも見ていこう

デメリット1.業界自体専門卒をあまりそこまで重視してはいない
これはメリット1参照

デメリット2.学校や講師によって教えることは割とばらける
授業の内容は講師が組むのでそれによっては当たり外れ的なことがあるかも
代々木の福岡校は割と取り組み方がうまいと評判だ。

デメリット3.学校として認可されてないと学歴にはならないかも
大学の中のアニメーション科とかではない限りおそらくは国が認めた学校として認可されているところは
少ないと思う。まぁ学歴なんて業界内において対したことじゃないのは確か。中卒だっているよ!

デメリット4.学べることは個人でも独学で学べる程度のこと等々
メリット4参照

ざっと書いてもこんな感じ
じゃあ、今通っている俺や私。これからどうしようかと悩んでる人は
何をすれば!というのはまた続きで。

第二回に続く!!


さて!募集していた質問が来ました!

なぜなにアニメコーナー
気になるあのことざっくりお答え!

質問
「新人の募集が終わっていてもとりあえず連絡入れてみる」のはありなのでしょうか?
 
ざっくりお答え
 ありだと思います。もちろん断られることもあると思いますが、
 アニメ会社は席さえ空いていれば中途採用有り、な所が多いと思うので連絡して
 みる価値はあるかと思います。業務の支障になるかといえば担当が居ないことで
 折り返し電話当が発生するかもしれませんが、
 制作業務からしたらそんなに大変なことではないかと思います。

質問あれば、コメントか拍手のコメントで。答えられる範囲で答えます。



後、更新はツイッター告知しまへん。
同業さんに見られるのもなんかこっぱずかしいんでw




    05:12 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
06
 

ツイッターやってるとアニメタ志望の人がフォローしてくれる

今度、ここでそこ向けで俺が思うこと書きたいなと。
まぁ、目指す人は知ってることも多いし業界からしたら
あたりまえだし、特になんの目新しいことは書けるとも
思えないけどねー。

とりあえず、今現役としての就職希望者に対するやっぱり
こうなんだ適な確認程度のこと書けたらなと。
「お金にはならんよ」とかねwだが!しかし・・・

ちょこちょこ書いていく予定。
    17:52 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

管理人 五十六

Author:管理人 五十六
アニメーター
 
meil
kitakazekozou@hotmail.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。